最近、思うことは、昔と物事の捉え方が少し変わってきたかな?と。
昔は、物事に対してその答えは1つしかないのではないか・・・とよく悩んだものです。
時が経ち、色んな経験をすることによってその答えは幾通り、何十・何百通りあることに気づきましたね。
経験は、楽しいことも悲しいことも様々ですよね。時には経験することの不安や恐さを覚えることもあります。

人は、経験というものが恐いのではなく、経験をすることでどのようになってしまうのかわからないという未知なる出来事に対して、とても不安を覚えるのではないかなと思います。

いわゆる死ぬことに対して不安は覚えないが、死んだらどうなるのだろうと誰もわからないようなことが待ち受けていることに対して恐いような・・・。

経験を不安や恐さと感じるのではなく、そこには不安や恐さがなく、自分にとって大切なことを学べるものだと思うことができれば、経験は自分の糧となり、きっと明日の自分は今日の自分よりも成長していくのかな?と思います。

だから、人はいろんな考え方を学ぶことができ、自分の目的に向かって成長させてもらえるのではないのかな?と思います。

今、自分がちょっぴりこんな考え方もできるのも、今まで色んな経験をさせてもらったおかげなのではないのかな?と思います。
常に経験を楽しめる人間でありたいものですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です